私の親戚が注文住宅で一戸建てマイホームを建てました。彼女の一戸建てマイホームには、ちょっとした節約の工夫がありました。それは一階の天井をやや低くすることで、外壁の総面積を少なくすることです。当然、その分の建設費用は安くなります。一階のリビングルーム上部には吹き抜け天井がありますから、一階の天井をやや低くしても、圧迫感を感じないという造りです。それでそこそこの金額が節約できているのですから、うまい設計になっているなぁと思いました。ただ、吹き抜け天井があるからといって低い天井にまったく圧迫感を感じないわけではありません。リビングスペースの一部には、やや低めの天井があるのですが、そこではやっぱり少しは圧迫感を感じますし、天井低いなーと思いますよ。ただ、「少し」という程度ですから、彼女の家の設計は成功していると感じます。うまいこと考えたなーと思います。なお、彼女の家は総面積も小さめなのですが、吹き抜け天井によってそのことを感じさせないので、やはり上手に家が設計されていると思いました。