一戸建ての注文住宅の家づくりは、家族みんなを1つの家を建てるという目的のもとで一致させることになります。普段はやや疎遠で、お互いにあまり干渉せず、話すことも少なかったかもしれませんが、家づくりを皆で行うということになると、一大プロジェクトの完成のために、心が1つになり、家族の絆が強まるのは間違いありません。そのような中で、家族1人1人に関心を向ける機会にもなりますので、この機会を活用して、円滑なコミュニケーションをすることができます。子供たちは学校での問題に直面しているかもしれず、学生の子供がいれば、進学や異性とのこと、また配偶者は普段考えている気持ちをほとんどしゃべることがないかもしれませんが、こうした家づくりという機会があると、自然と話す時間が増えて、お互いの状況や考えていること、悩みなどがわかるものです。家づくりをすることが目的ですが、それをすることで家族がまとまるというのは素晴らしいことです。