一戸建ての外構は新築当時のままになる傾向

一戸建てを建てた時に、外構はある程度完成されていないと、ずっとそのままになりますよ。断定はしませんけれど、しかし高確率で、「外構そのまま傾向」にあると私は感じています。わが家にしても、注文住宅でマイホームを建てています。ですから後回しにできる外構は予算を削ってしまったんです。だって優先させるべきは家の中のことじゃないですか。外構はお金に余裕ができたら、構っていけば良いと思っていましたし。なんだったら外構は、自分たちでDIYしてもいいと思っていましたし。けれど、マイホームを建ててもう10年になりますが、外構に関しては新築当時から何もしていませんねぇ。外構のデザインに関わることではないのですが、一度家庭菜園をしようと思って挑戦しましたが、その一回一年きりで終わりました。続いていません。ですから悪い意味でも新築当時のままの外構になっています。なお、草に関してはいつの間にかどこからかやってきて勝手に生えているのですよね。新築当時は土色だったうちの庭は、今では雑草で青々としています。草刈りがとても面倒です。